+82-2-725-7724

080-346-1700(韓国内フリーダイヤル)

(日本語)受付時間
[現地時間] 9:00~18:00

駐在生活情報

2016年10月28日 日常生活

韓国の服装について

衣服をたたむビジネスマン

要点

1.韓国の服装について
2.韓国の服装事情

1. 韓国の服装について

韓国の気候は日本と同様に春(3~5月)夏(6~9月)秋(10~11月)冬(12~2月)があります。基本的に日本海側の気候とほぼ同じです。日本よりは多少湿度が低く過ごしやすいです。ただ、冬の気温は日本よりも10度ほど低くなる為、韓国で冬を過ごされる方はフリースのパーカーやダウン、手袋、ヒートテックの下着などの防寒グッズを持って行くと重宝します。また、室内は暖房が効いている為、こまめに着脱することができるものがおすすめです。また偏西風に乗って中国大陸から飛来する黄砂やPM2.5の影響は日本よりも大きい為、マスクなどの対策が必要です。

2. 韓国の服装事情

韓国での服装は、日本と同じ服装が基本となっています。7〜8月の夏季は海や山など行楽シーズンになり、最高気温が30度を超える日が増えるので、日傘やサングラスの日差し対策が必要になります。この時期はにわか雨も多くなるので折りたたみ傘を用意しておくと便利です。

9月中旬以降の秋ごろは、日中は20度前後と暖かいですが、朝晩は冷え込むので羽織るものが必要です。また9月は台風がよく通る為、移動や旅行の際は事前に台風情報を調べましょう。

12月〜2月の冬季は−15度まで下がる日もあります。厚手の防寒着などで十分な備えをしてください。また空気が乾燥するので乾燥対策もしましょう。食事をする際など、韓国では直接床に座ることもある為、短いスカートは避けるようにしましょう。ノースリーブもビジネスの場にはふさわしくない為、控えるようにしましょう。

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+82-2-725-7724
080-346-1700(韓国内フリーダイヤル)

(日本語)受付時間[現地時間] 9:00~18:00

Leopalace21韓国では日本人のお客様を中心にソウルで賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながら韓国人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。