+82-2-725-7724

080-346-1700(韓国内フリーダイヤル)

(日本語)受付時間
[現地時間] 9:00~18:00

駐在生活情報

2018年03月16日 日常生活

韓国の習いごと事情

概要

海外で生活するにあたり、日本では挑戦できなかった習い事を新たに始める人も少なくありません。

韓国にはどのような習い事があり、どのようなものが人気を集めているのでしょうか。今回は、韓国に赴任する方が知っておきたい、韓国の習い事事情を大人向けと子ども向けに分けてそれぞれご紹介します。

1.    韓国の習い事

2. 韓国における日本人駐在員・駐在妻に人気の習い事

3. 韓国における日本人の子どもたちの習い事

 

1.    韓国の習い事

■韓国の大人向け習い事

・最も定番の大人向けの「習い事」は、ジムやヨガなどに代表される運動系の習い事です。運動系スタジオは非常に大きな市場となっており、数も多くバラエティに富んでいます。ここ最近では、ズンバ、フライングヨガ、ピラティスなどが流行っています。

・運動系スタジオの料金はピンからキリまでありますが、施設を利用し、自分1人で運動する場合は月に約5万ウォン(5,000円)くらいから始めることができ、比較的挑戦しやすくなっています。

■韓国の子ども向け習い事

・韓国では子どもの習い事熱が非常に高くなっています。最近では、乳幼児の頃から母親と一緒に習い事をするケースが増えています。

・小学校に上がれば複数の習い事を始めるケースが多いようです。子どもたちは習い事に忙しく、「学校から帰ってきて、近所の友達と遊ぶ」という子どもたちの姿は見かけなくなり、このような社会的風潮から、子どもを習い事に通わせないと友達ができにくく、学校で友だち同士の話題にもついていけないなど、仲間外れになる現象が多発しています。そのため親も習い事に送らざるを得ないようです。

・韓国の小学生に定番の習い事といえば、テコンドー、お絵かき、水泳です。

2. 韓国における日本人駐在員・駐在妻に人気の習い事

■日本人駐在員の習い事

・韓国には日本人をターゲットとした習い事教室はあまり存在しません。

・日本同様に英会話スクールなど外国語教室の数は多いですが、日本に比べ、カリキュラムがタイトだったり、授業料も決して安くないため、日本人にはさほど人気はないようです。

・日本人駐在員や日本人長期滞在者を中心とした集まりが多く存在し、野球やカメラなどの同好会があります。それ以外にも、生まれ年ごと、日本の出身地ごとの集まりがあり、比較的多くの日本人駐在員は習い事よりも何らかの集まりに参加しています。

■日本人駐在妻の習い事

・韓国は日本と近いこともあり、駐在員が家族ごと韓国に来るケースはまれで、その数自体が少ない傾向にあります。

・駐在妻の場合、韓国語を話せないことが多く、韓国の一般的な習い事教室に通えない場合が多く、個人レッスンで料理や韓国語を習う場合が多くなっています。

・駐在員妻同士で集まり、料理やハンドメイドでお茶代などをもらう程度で楽しむ、いわゆるサロネーゼ教室を開くケースがあります。このような教室は日本人向け現地サイトやクチコミで人を集めています。

3. 韓国における日本人の子どもたちの習い事

・先述の通り、両親どちらも日本人である駐在員の子どもが長期滞在している数自体が少ないため、日本人の子どもを対象にした習い事教室はさほど多くありません。

・一方で、子どもは比較的早く言葉を習得することもあり、長期滞在の日本人家庭ではテコンドーや水泳など、運動系の習い事をさせているケースが多いようです。

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+82-2-725-7724
080-346-1700(韓国内フリーダイヤル)

(日本語)受付時間[現地時間] 9:00~18:00

Leopalace21韓国では日本人のお客様を中心にソウルで賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながら韓国人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。