+82-2-725-7724

080-346-1700(韓国内フリーダイヤル)

(日本語)受付時間
[現地時間] 9:00~18:00

お知らせ

2016年01月22日 市場動向

[2016年1月]全国不動産市場チョンセからウォルセへ

1-13

韓国の住宅賃貸借市場がチョンセからウォルセへ転換し、高級アパートのウォルセ契約量が大幅に増加した。韓国の国土交通部のアパート実取引データをもとに分析した結果、2015年全国アパートのウォルセ取引量は合計18万2507件で、2014年に比べて18.4%(2万8383件)増加した。特に賃料500万ウォン以上の高級マンションのウォルセ契約が急増したことわかった。2015年、賃料500万ウォン以上の高級マンションのウォルセ契約量は43件であったが、この数値は2014年に契約になった25件に比べると72%増加した数値である。昨年、最も高い金額で契約になった10件の合計金額は9210万ウォンを記録したが、この数値は2014年契約された上位10件を合計した8443万ウォンと比較すると約9%増加した数値である。

又、上位10件の物件エリアがすべてソウル瑞草(ソチョ)、江南(ガンナム)、龍山(ヨンサン)など高級アパートが集中している地域という点が目立つ。瑞草・江南など江南圏は大企業や各種企業が密集しており、企業のCEOなどの事業利便性を考慮した居住需要と子供の教育のための需要が多い。龍山は各国の大使館や外資系企業、在韓米軍関連の需要が主な対象である。これらのエリアでは高い家賃を支払っても地域内にある質の高いインフラを享受することを重視する性向が強い。

高級マンションのウォルセ契約増加は不動産投資のトレンドが転売差益から家賃収入へ拡大されることを意味し、それに伴って投資家の増加にもつながると予測される。実際、最近江南圏で分譲されている高級マンションには実際の居住用だけでなく、投資需要が多い。このよう現象から韓国の住宅賃貸借市場はもっと速くチョンセからウォルセへ転換していくと見られている。

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+82-2-725-7724
080-346-1700(韓国内フリーダイヤル)

(日本語)受付時間[現地時間] 9:00~18:00

Leopalace21韓国では日本人のお客様を中心にソウルで賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながら韓国人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。