+82-2-725-7724

080-346-1700(韓国内フリーダイヤル)

(日本語)受付時間
[現地時間] 9:00~18:00

お知らせ

2015年02月13日 市場動向

[2015年2月] ソウル市龍山(ヨンサン)の米軍基地跡地に、韓国版・六本木ヒルズの計画

20150213_170057

韓国政府はソウル市のど真ん中にある龍山(ヨンサン)米軍基地跡地に日本の六本木ヒルズをモデルにした50階建て高層ビルを8棟建てる計画を発表した。この跡地から近い梨泰院の国連司令部跡地にも20階建てビルを複数棟建てる。韓国政府とソウル市は、同跡地を公園、住居、オフィス、商業施設がうまく共存するソウル市のランドマークにすることを目指している。一連の開発は「投資活性化計画」と呼ばれる。

龍山米軍基地跡地は約2,650,000㎡で、そのうち2,430,000㎡に公園と高層ビルを建てる。残りは米軍基地のままだ。公園は動植物の生態観察、スポーツ、文化、芸術、歴史など色々なことを体験できるもので、ソウル市民の憩いの場とすることを目指す。公園の工事費だけで1兆2000億ウォン(約1300億円)、維持管理費は年間300億ウォン(約33億円)がかかる見込みである。これは基本的に中央政府とソウル市が負担する予定。

「投資活性化計画」によると、龍山米軍基地跡地再開発工事では、民間企業が2020年までに5兆ウォン規模(約5500億円)を投資することになっている。企業の投資を促すべく、費用対効果を上げるため、土地規制の適用を除外する。他の地域では厳しく管理している土地面積と建物の面積の比率、土地面積と建物の延べ面積比率に関する規制を緩め、高層ビルをたくさん建てられるようにした。国連司令部跡地には、20階以下のビルしか建てないようにする。ソウル市の真ん中にある南山が遠くからでも見えるようにするためだ。同跡地はオフィス街にする計画で、企業ビルが立ち並ぶ予定だ。

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+82-2-725-7724
080-346-1700(韓国内フリーダイヤル)

(日本語)受付時間[現地時間] 9:00~18:00

Leopalace21韓国では日本人のお客様を中心にソウルで賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながら韓国人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。