+82-2-725-7724

080-346-1700(韓国内フリーダイヤル)

(日本語)受付時間
[現地時間] 9:00~18:00

お知らせ

2014年08月26日 市場動向

[2014年8月]「光化門」で根強い外資系証券会社

221-300x217

汝矣島(ヨイド)は証券取引所、金融監督院等を中心とした金融関連企業の本社が密集していて韓国を代表する金融業務地区である。地下鉄9号線開通(2009年)と超大型オフィスビル「ソウル国際金融センター」の竣工(2012年)など、高速発展を成し遂げている。しかし、汝矣島にある外資系証券会社は「大和証券」、「CLSAジャパン株式会社」二ヶ所だけだ。

現在の金融投資協会に登録された外資系証券会社21社の内、18個が光化門(グァンファムン)近くに本社を置いている。ソウルファイナンスセンター(SFC)だけで「野村証券」、「メリルリンチ証券」、「UBS証券」、「RBSアジア証券」など外資系証券会社の4社が入居している。近くには興国生命ビル(ゴールドマン·サックス証券とモルガン·スタンレー証券)、Sタワー(韓国SG証券とCIMB証券)、永豊ビル(ドイツ証券)にも証券会社が位置し、すべて光化門駅から1km以内に位置する。

光化門にこだわる最大の理由は、顧客とのアクセスがよく、外資系証券会社の主な顧客である銀行と大企業の本社がほとんど光化門と市庁等のソウル中心部に集まっているからである。大韓商工会議所と各国大使館など外国系証券会社に有用な機関も光化門から近いため、少し高価な家賃を与えても、汝矣島ではなく、光化門を好む背景である。

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+82-2-725-7724
080-346-1700(韓国内フリーダイヤル)

(日本語)受付時間[現地時間] 9:00~18:00

Leopalace21韓国では日本人のお客様を中心にソウルで賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながら韓国人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。