+82-2-725-7724

080-346-1700(韓国内フリーダイヤル)

(日本語)受付時間
[現地時間] 9:00~18:00

お知らせ

2014年04月25日 市場動向

[2014年4月] 光化門再び「オフィスハブ」へ

seoul-map

ソウル重要業務地区の中で光化門と鐘路(中心業務地区・CBD)周辺が江南(KBD)、汝矣島(YBD)より賃料が高いと現れた。最近、5年間CBD周辺に新築業務ビルが数多く建築され、いわゆる「プライム級ビル」の供給が増えたからと分析される。プライム級ビルは延面積5万㎡ほどの該当圏域内最高水準のランドマークビルを称する。これと共にCBDの新規供給物量は多く増えたが、空室率は逆に大幅に減った。

光化門の牙城を再確認することができる。伝統的中心地区である、光化門周辺が一時期新しく造成された江南、汝矣島より衰えたイメージで衰退の道を辿るように見えたが、相変わらず最高の座を維持しながら健在さをアピールしている。まるで「王の帰還」だ。昨年、四半期CBD地域の1㎡当りの賃料は3万427ウォンでKBD(2万3595)、YBD(2万3595)より賃料が高かった。 空室率の面でもCBDは三つの地域の中で最大落差を記録した。

昨年三半期14%だったCBDの空室率は四半期に入って9.3%に減った。その一方、 KBDの空室率は6.3%から7.1%へ増えた。IFCビルとFKIタワー等、最近大型オフィスビルが相次いで供給された YBD地域は空室率が20%代で三つの地域の内、一番高かった。但し、昨年三半期23.6%から四半期22.2%で多少減った。三つの地域では最近5年間新築業務ビルが数多く建設された。 CBDでは2010年フェロムタワー(6月、延面積5万5695㎡)、ミレエッセットセンターワン(10月、16万8050㎡)、2011年シグネチャタワー(6月、9万9992㎡)等のプライム級ビルが相次いで竣工された。

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+82-2-725-7724
080-346-1700(韓国内フリーダイヤル)

(日本語)受付時間[現地時間] 9:00~18:00

Leopalace21韓国では日本人のお客様を中心にソウルで賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながら韓国人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。