+82-2-725-7724

080-346-1700(韓国内フリーダイヤル)

(日本語)受付時間
[現地時間] 9:00~18:00

お知らせ

2014年02月28日 市場動向

[2014年2月] アパート「犯罪予防設計」義務化

年末から新しく作られるアパートは外部人が都市ガス外部配管に乗って侵入できないよう、カバー型配管を設置するようになった。

子供たちが遊びまわる遊び場の周りには警備室又はCCTV等を設置して誘拐を防止する。

23日国土交通府によると12月から建築法を改定してアパート、オフィステル等の設計段階から犯罪を事前に防げる「犯罪予防設計」を義務的に適用させる予定だ。

1960年代、アメリカで初めて導入された犯罪予防設計は建築設計段階から犯罪予防概念を導入することを表す。アパートの外れに位置され、外部者の侵入がしやすかった遊び場を団地中央に配置して地下駐車場の照明を明るくして陰気な雰囲気を無くそうとする設計だ。

2005年、国内で初めて犯罪設計示範地域で指定された「京畿道富川市」の一部地域では明るい照明とCCTVを設置することで犯罪発生率が以前より20%以上減った。

但し、今までは強制のない「犯罪予防ガイドライン」で運営されたきた、ソウル市恩平ニュータウンと京畿板橋·広橋新都市など、首都圏の一部地域だけ犯罪予防設計が適用された理由だ。国土部は法律改定で現在、勧告レベルの犯罪予防設計をアパート、オフィステル等の複数利用施設で義務化する計画である。

今後、犯罪予防設計が義務化されるとこれらの建物はカバー型配管を設置し、幼稚園や遊び場等の施設は団地中央に配置しなければならなくなる。フェンスを設置する時には透明な素材を使用し、反対側が見えるようにしなければならない。団地内の樹木間隔を調節して死角地帯や孤立地帯が生じないようにする必要もある。地下駐車場は非常事態に備えて25m間隔で警備室と繋がった非常ベール設置等も必須となる。世帯の玄関のロックも侵入防御性能を備えた認証製品を使わなければならなくなる。

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+82-2-725-7724
080-346-1700(韓国内フリーダイヤル)

(日本語)受付時間[現地時間] 9:00~18:00

Leopalace21韓国では日本人のお客様を中心にソウルで賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながら韓国人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。